不妊の原因って一体何なの? | 絶対に妊娠する方法

結婚して通常の夫婦生活を持って1~2年経っても妊娠しない場合は、不妊症の疑いがあります。

男性も女性も年を取るにつれて生殖機能が衰えていくけれども。現代は男女ともに初婚年齢が上がり、女性の出産年齢も上昇しているのでどうしても不妊に悩むカップルが多いのです。

その原因は様々ですが、ここでは不妊になる原因をご紹介するとともに「絶対に妊娠する方法」について考えていきたいと思います。


1.女性に多い不妊の原因


排卵障害

卵巣機能が低下していると無排卵月経や無月経になってしまいます。原因としては冷えやストレス運動不足等がありますがはっきりとした理由は不明です。

また多のう胞性卵巣症候群といって、卵巣の皮が厚いので卵胞が排出できず、卵巣に成熟した卵胞が溜まり腫れあがってしまいます。


着床障害

排卵後は黄体ホルモンが分泌され子宮内膜を厚くするのですが、この黄体ホルモンが機能していないと受精卵が着床できなかったり、着床しても流産しやすくなってしまいます。

また子宮筋腫も全てではありませんが、できた位置によっては着床を妨げる要因となります。


卵管障害

卵管は卵子と精子が出会う場所ですが、ここが癒着していたり、閉塞していると受精できないので、妊娠できにくくなります。

Z卵管は2本あるのでどちらかが癒着や閉塞していてももう片方が正常であれば自然妊娠は可能です。


2.男性に多い不妊の原因

不妊症の原因は女性のみにあると長年言われていましたが、近年では男性側にも不妊の要素があることが分かってきました。男性不妊の原因は以下の通りです。


精子の異常

精子の数が少ない、濃度が低い、運動率が悪い等精子に何らかの異常があると、そもそも子宮まで泳いでたどり着けず受精できない場合があります。

成人がおたふく風邪になったことにより睾丸炎となったり、飲酒・喫煙によっても精子に異常が起きる場合があります。


性交障害

ED等何らかの理由があり性交ができない男性も多くいます。精神的なストレスが原因であることも多いようなので、まずはそのストレスの原因を解消することから始めないといけません。


3.不妊の原因は男女両方にある!

女性も男性も共通して言えることですが、加齢により卵子や精子の質は落ちてしまいます。特に卵子の質の低下は男性のそれ以上に大きいものです。

自己流の妊活方法で限界を感じたら、不妊治療に踏み切ることで原因が特定できるので「絶対に妊娠する方法」にかなり近づくことがでくるので、勇気を出して治療することを決断することも時には必要でしょう。



妊活をサポートするサプリ人気ランキング

  • 今年こそは何としても赤ちゃんが欲しい!
  • 妊娠前や妊娠後に最適なサプリが知りたい!
  • 年齢や体質で妊娠を諦めたくない!

妊活をサポートするサプリ人気ランキング

そんなアナタにオススメなのが、「妊活をサポートするサプリ」です。

妊活をサポートするサプリメントは、飲むだけで妊娠しやすい体質作り妊娠後の赤ちゃんの生育をサポートすることができます♪

しかも、誰にも知られずに通販で購入できるので、こっそり妊活をするこができます。

このページでは、憧れのカワイイ赤ちゃんを授かることのできる、妊活をサポートするサプリメントをランキング形式で紹介します♪



  • ベルタ葉酸サプリ

    ベルタ葉酸サプリ画像


    葉酸サプリ売上度・満足度・人気度第1位!

    ベルタ葉酸サプリは、妊娠前から妊娠中、産後までのトータルサポートができる葉酸サプリです♪

    品質にこだわって、ママに必要な栄養素だけ配合しているので、妊活女性から圧倒的な支持を得ています♪

    妊活サプリで迷ったらまずはベルタ葉酸サプリから始めてみましょう!


  • VEGEMAMA ベジママ

    VEGEMAMA ベジママ画像


    マカ・葉酸、色々試してダメだった妊活女性向けサプリ!

    ベジママはマカ・葉酸サプリ以上の妊活サポート力があると言われているピニトールを配合しています!

    そのためマカや葉酸で効果の無かった妊活女性にピッタリなサプリです♪

    しかも効果を感じなければ全額返金されるので、安心して試せますね!


  • ハグクミの恵み

    ハグクミの恵みの画像


    マカサプリランキング堂々の第1位!

    ハグクミの恵みは業界トップクラスのマカの配合量に加え、ザクロをプラスしているので、ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体づくりをサポートします!

    しかもマカには精力増強効果があるため、これひとつで男性の妊活もサポートできちゃいます♪


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ