お灸で不妊症を改善する!絶対に妊娠する方法

不妊治療中の女性ならば一度は聞いたことがあるかもしれませんが、お灸は不妊の改善に大変効果があります。

ではなぜお灸が不妊に効果があるのかについてをここではご説明し、「絶対に妊娠する方法」を考えていきたいと思います。


1.お灸って何?

お灸とは東洋医学に基づく治療方法です。体に無数に存在するツボをお灸で刺激することにより、体の調子を整えてくれる働きがあります。

お灸の元になっている考えである東洋医学は、悪い場所だけでなく全身が健康になるように作用するのが特徴です。

私たちが普段一般的に受けている西洋医学は、悪いところは薬でやっつけて、それでも効かなければ手術で切除します。薬には副作用がつきものですし、手術は体に大きな負担をかけることになります。

東洋医学に基づいたお灸であれば、この様な副作用もなく体にかかる負担もありません。ですが効果が実感出来るまでに少々時間がかかるので、それがデメリットと言えるかもしれませんね。


2.なぜお灸は不妊に効くの?

不妊症状である方の多くが、身体が冷えており血のめぐりが悪くなっています。

この血のめぐりが悪いことを東洋医学では瘀血(おけつ)、血が不足していることを血虚(けっきょ)と呼びますが、ツボをお灸で刺激することにより瘀血や血虚を改善する働きがあるので、不妊治療に効果があります。

継続していけば冷えが改善されて、ホルモンバランスが整い、卵子の質の向上も期待できるので「絶対に妊娠する方法」にかなり近づきます。

鍼灸師による施術では艾(もぐさ)といってヨモギの葉からできた綿状のものを丸めて、ツボに置き火をつけていきますが、自分でこれをやるのは中々難しいので、自宅でできる簡易的なお灸でも十分効果はあります。


3.一度は鍼灸師の施術を受けてみよう!

お灸は鍼灸院へ行けば国家資格を持つ鍼灸師による専門的な治療を受けられます。自分で行う簡易的なお灸よりも艾のお灸はじんわり温かくてリラックス効果も期待できます。

また鍼灸師ならばツボを的確に見つけてくれるだけでなく、全身のバランスを見て体を整えてくれるのでオススメです。

お灸の治療は実費であり、決して安いとは言えないので継続することは難しいかもしれませんが、数回通院してツボの場所や自分の体質を見てもらうだけでも価値があるので、一度は行ってみるといいと思います。

ツボの場所が自分でも分かれば、後は自宅でお灸を続けることができるのでとにかく継続することを心掛けてください。

続けて行っていけば冷え症が改善でき、卵巣や卵子の質が高まることがかなり期待できますよ。



妊活をサポートするサプリ人気ランキング

  • 今年こそは何としても赤ちゃんが欲しい!
  • 妊娠前や妊娠後に最適なサプリが知りたい!
  • 年齢や体質で妊娠を諦めたくない!

妊活をサポートするサプリ人気ランキング

そんなアナタにオススメなのが、「妊活をサポートするサプリ」です。

妊活をサポートするサプリメントは、飲むだけで妊娠しやすい体質作り妊娠後の赤ちゃんの生育をサポートすることができます♪

しかも、誰にも知られずに通販で購入できるので、こっそり妊活をするこができます。

このページでは、憧れのカワイイ赤ちゃんを授かることのできる、妊活をサポートするサプリメントをランキング形式で紹介します♪



  • ベルタ葉酸サプリ

    ベルタ葉酸サプリ画像


    葉酸サプリ売上度・満足度・人気度第1位!

    ベルタ葉酸サプリは、妊娠前から妊娠中、産後までのトータルサポートができる葉酸サプリです♪

    品質にこだわって、ママに必要な栄養素だけ配合しているので、妊活女性から圧倒的な支持を得ています♪

    妊活サプリで迷ったらまずはベルタ葉酸サプリから始めてみましょう!


  • VEGEMAMA ベジママ

    VEGEMAMA ベジママ画像


    マカ・葉酸、色々試してダメだった妊活女性向けサプリ!

    ベジママはマカ・葉酸サプリ以上の妊活サポート力があると言われているピニトールを配合しています!

    そのためマカや葉酸で効果の無かった妊活女性にピッタリなサプリです♪

    しかも効果を感じなければ全額返金されるので、安心して試せますね!


  • ハグクミの恵み

    ハグクミの恵みの画像


    マカサプリランキング堂々の第1位!

    ハグクミの恵みは業界トップクラスのマカの配合量に加え、ザクロをプラスしているので、ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体づくりをサポートします!

    しかもマカには精力増強効果があるため、これひとつで男性の妊活もサポートできちゃいます♪


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ